新婦

色褪せない輝き|ハワイアンジュエリーで愛しい彼女にピッタリな指輪

マリッジリングの選び方

薬指

二人を結ぶ大切なアイテム

結婚というと、以前はお付き合いもしくはお見合いをして婚約、それから結納、結婚式、新婚旅行と行うべき道筋が定まっていました。しかし、今ではこういった形式が崩れてきて、中には役所に届けを出すだけというカップルも少なくないと言われています。ただ、そんな風潮が広まってきた今でもほとんどのカップルが結婚指輪は必ず購入すると答えています。永遠の愛を誓い、その思いを形にした結婚指輪は、さらに二人の絆を結ぶという特徴を持っています。一生身につける大切なアイテムだけに、購入するまでには様々な検討を重ね、慎重に選びたいとされているのです。男性から女性に贈るものとあって、結婚指輪はどうしても女性の意見が重視されがちです。しかし、二人が一生身に付けるものである限り、選ぶときには必ず男性の意見も取り入れることが大切です。

選び方と注意点

結婚指輪を選ぶ際にまず一番に頭に入れておくべきなのは、購入した指輪が手元に届くのは最低でも1ヶ月はかかるということです。宝石店にはショーケースに様々なデザインの結婚指輪が並んでいますが、これはあくまでもサンプルであり、それをそのまま購入するわけではないのです。サンプルの中から二人で納得したデザインを選んだら、宝石店ではその後サイズを微調整する、刻印を入れる等の作業を行い、約1ヶ月後に引き渡しとなります。また、宝石店ではフルオーダーの1点ものも取り扱っていますが、この場合ではさらに日にちがかかり、約2〜3ヶ月の納期となっているため注意が必要です。指輪の選び方としては、できるだけシンプルなデザインがおすすめと言われています。これは、TPOを選ばず、また年齢を重ねても違和感なくつけることができるという理由があるためです。加えて将来の経年劣化やサイズ直しの可能性を考えて、ある程度厚みがしっかりとし平均的な幅のあるものを選ぶ等の工夫が推奨されています。